コラム| 名古屋市中区栄で歯科・歯医者をお探しの方は仲尾歯科まで

時間
9:00~12:45
14:00~17:45

休診:木曜、日曜・祝日、土曜午後、夏期休暇(お盆)、年末年始

〒460-0004
愛知県名古屋市中区新栄町1丁目3
(日丸名古屋ビル6F)

  • 地図

3. 歯周病と糖尿病

2021年8月18日

歯周病は歯肉の発赤や腫れが起こり、膿を持つように成り、口臭がしたり歯茎から出血したりするお口の病気です。歯周病は普段はなにもしない常在菌によって引き起こされます。すなわちお口の中の食べ物の残りが歯や歯茎、舌に付着して常在菌を増殖させることで炎症がひどくなり歯周病になります。だからお口の中は絶えず清潔にしてください。

 

この歯周病を発症させる菌は、糖尿病を悪化させている、と、言われています。

 

先日も、血糖値が250も有り、「なかなか落ちてくれない」と内科のドクターより紹介があった患者さんの口の中を見せてもらうと、かなりの重症型の歯周病で歯肉は腫れ出血し口臭も有り残存する歯はグラグラと動き、糖尿病だから仕方が無いと言ってしまえばそれまでですけど、まず汚れを取り、歯ブラシを丁寧にかけてもらい、抜歯などの処置をすると、血糖値は150に落ちました。歯周病の原因菌は糖尿病も悪くしていることが解ります。

 

BMI(身長と体重の関係から算出する肥満度を表す指標)が高い人はサイトカイン(ホルモン様蛋白質)の生成が多くなり、それにより全身的な炎症性反応が強くなるとともに、インスリン抵抗性が高くなる。それと同じで歯周病になっている人も、炎症性サイトカインの慢性的な刺激と分泌の亢進が起き、インスリン抵抗性が増すことで糖尿病に罹りやすくなると推測できます。糖尿病で歯周病に罹っている人は、歯周病に罹っていない糖尿病の人に比べ心血管系や腎臓などの糖尿病性の合併症による死亡率が高いと言われています。

 

<当院内の様子>

  • 奈々先生が、日本臨床歯周病学会の、認定医になりました。口腔衛生の実践を衛生士の岡田、豊吉共々頑張りますのでお願いします。お口の健康は何でもご相談下さい。
  • O.A.Mインプラントシステムを採用しました。このシステムの良さは、最初に、0.5mm程度の穴をドリルするだけでその後は細いキリで順次穴を拡大して4mm直径10mm程度の深さに開けインプラント体をねじ込んで終了です。半年後、骨にインプラント体が定着すれば、上物を装着して噛めるようになります。今までの処置方法に比べると格段に、身体に優しい、負担の少ないものです。義歯を装着する。ひとつの手段に成り得るものです。

 

○ 3Mix-MP法(虫歯の神経を残す)

歯は、削りたくない。神経は残したい。虫歯が大きくなってしまっているとかなり難しい状況です。神経を如何に残すことが出来るかで、将来の自分の噛む事の有意差が決まります。歯を1本抜くと噛む力は20%も減少します。義歯では、ほとんど噛むことが出来なくなります。歯は、神経を取ることで知覚を失い、虫歯になっても痛みを感じることなく自然に崩壊してゆきます。歯は、神経を取るとほぼ10年で喪失します。神経を無くした歯を保存するには、毎日の手入れしだいで決まります。汚れを徹底的に取りましょう。

 

その前に如何に神経を保存するかです。大きな虫歯でも知覚があってほぼ痛みを感じていない場合には、3Mix-MP法で処置できます。神経に虫歯菌が入り込んでいる場合でも回復できる場合があります。虫歯になっている部分をワズカナ削除で虫歯部分を残したまま処置します。

 

抗生剤を3種類混合して処置しますから、抗生剤の禁忌の場合にはわずかな副作用が出るかもしれません。使用する薬剤の量はほんのわずか耳掻き1/10杯以下です。抗生剤の量は飲み薬の量と比較しても超少量です。この処置は保険適用外になります。処置料は1歯1万円になります。どうしても神経を残したい場合、一度は、ためす価値があります。一度ご相談ください。

 

 
ページトップへ