コラム| 名古屋市中区栄で歯科・歯医者をお探しの方は仲尾歯科まで

時間
9:00~12:45
14:00~17:45

休診:木曜、日曜・祝日、土曜午後、夏期休暇(お盆)、年末年始

〒460-0004
愛知県名古屋市中区新栄町1丁目3
(日丸名古屋ビル6F)

  • 地図

2. 妊娠とタバコの歯科への影響

2021年7月21日

  • タバコの害
    妊娠はタバコを吸う、吸わないに係わらず自分にも胎児にもかなりの負担になります。タバコを吸うことで死産や早産、流産の危険が増し、さらに奇形児が生まれる可能性が高くなります。

 

  • 口唇裂・口蓋裂
    日本人に、いや、アジア系の人たちに多く見られる口蓋裂や口唇裂が、喫煙により増加する恐れがあるとアメリカ国立歯科頭蓋顔面研究所(NIDCR)が発表しました。
    妊娠中に喫煙をすると、胎児にタバコの有害物質が影響します。
    胎児の有害物質を取り除く働きに影響する遺伝子が欠如していると、新生児に口唇裂および口蓋裂の発症する率が増えると報告されました。
    NIDCRは、ヨーロッパ系新生児の1/4、そしてアジア系の新生児の60%にGSTTI(グルタチオンS転移酵素θ1)遺伝子を創り出す能力が欠如している可能性があると警告を発している。American Journal of Human Genetics〔2007:80(1):76-90〕に掲載されたデータによれば、GSTTIが欠如した胎児を妊娠中の女性が1日に15本以上喫煙すると新生児の口唇裂および口蓋裂の発症率は20倍にもなる、としています。
    タバコの煙の中に含まれる化学物質は子宮の発育にも胎児そのものにも多大な影響をしています。もし病気が発症すれば裂隙の閉鎖の、数回の手術が必要になり、歯科治療や発音訓練など子供には精神的にも身体的にも相当の負担がかかってきます。(Dental Tribune紙より)

 

  • ADD/ADHD
    落ち着きが無く授業中でも着席が出来ず動き回る、絶えず身体を動かしている、先生に呼ばれても気付かない、こんな児童が100人に一人はいるということです。ADD 注意欠陥性障害/ADHD 注意欠陥多動性障害(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)と呼ばれる前頭葉の機能不全がある病気です。この病気の児童の父は70%母は47%が喫煙者であった。父母が喫煙者である場合は喫煙者で無い父母より、生まれる新生児の発症率が約2倍にもなっています。(読売新聞 4月20日より)
    タバコの害は、肺がんや鼻腔がん、虚血性心疾患、呼吸器系の機能障害などに、大きな障害をおよぼします。タバコは、自分だけでなく周りの人の健康にまで影響を与えます。
    他にも歯科領域では、喫煙家族の子供の80%に歯肉の黒ずみが見られます。歯肉の病気である歯周症は、煙にふくまれる化学物質によって重症の炎症を起こしやすい。一見健康そうに見えて、支持してくれる歯の周りの骨が無くなっている場合が多いです。舌ガン、口腔底ガン等は3~4倍の確率で発症しやすくなります。
    タバコの害は思わぬ症状が現れます。タバコはやめましょう。自分自身のためにも……。
 
ページトップへ